セミパーソナル
​トレーニング

セミパーソナルトレーニングの主な流れ

初めて参加する方も、何をして良いか分からないという心配はありません。
着替えて練習フロアへ出ると、インストラクターから必ず声がけがありますので、ご安心ください。
ストレッチが終わったら、一緒にウォーミングアップからやりましょう。
その後は、インストラクターの指示のもと練習していきましょう。

Unknown.jpeg
ストレッチ

怪我のないように筋を伸ばして、ゆっくり身体を起こしましょう。

Unknown_edited.jpg
ウォーミングアップ
  • FAITHオリジナルウォーミングアップ4種

  • (キックとパンチを円滑に出せるように、全身を使った動きで身体の連動性を高めます。)

  • ロープスキップ(縄跳び)

  • ステップ台を使ったトレーニング

などで身体を徐々に温めます。

Unknown-1_edited.jpg
基本動作の説明

ジャブ・ストレート・ワンツー・左フック・左右のミドルキックを中心に、フォームを細かく説明します。

Unknown-2_edited.jpg
ミットトレーニング

3分×2ラウンド インストラクターがミットを持ちます。

 

インストラクターがランダムに指示した技をミットに打ち込んでいきます。

このトレーニングを繰り返す事で、戦っている時のリズムが身に付き、反射神経とスピードが向上します。

 

ここまでのトレーニングを、初心者の方に毎回インストラクターがサポートします。
※ストレッチ・ウォーミングアップ・基本の動きを覚えて、ミットトレーニングを繰り返していくと、少しずつシャドーボクシングが出来る様になって来ます。

 

1人でシャドーボクシングが出来るようになると、他のトレーニングの動きや意味が理解出来て、より多くのトレーニングを楽しめます。

初心者の方は先ずシャドーボクシングが1人で出来るようになる事を目標にして下さい。

 

まだ体力のある方は、以下のトレーニングも試してみましょう。

Unknown-3_edited.jpg
サンドバックトレーニング
  • 習った技をサンドバックに打ち込みフォームをチェック

  • 揺れるサンドバックの動きに合わせ、戦っているイメージでランダムに技を繰り出す。

  • ペアを組んで、1人がサンドバックを後ろから押さえて固定し、反復練習でコンビネーションを打ち込むなど、様々なバリエーションでトレーニングしてみましょう。

 

サンドバックトレーニングは、パワーが向上します。

Unknown-4_edited.jpg
ディフェンストレーニング
  • パンチとキックのディフェンスのやり方を習う

  • 対面シャドー
    (相手と向き合い、お互いが蹴っても当たらない距離で、相手と戦っているイメージをしながらのシャドー)

  • レンチューン
    小さいグローブだけ着けて、パンチもキックも寸止めで行うスパーリングのイメージトレーニング)

  • 大きいグローブとレガースガードを着けてのマススパーリング
    3割程度の力で行うスパーリング)

 

※スパーリング(防具を着けての強目の実戦練習)は原則禁止にしています。

Unknown-5_edited.jpg
フィジカルトレーニング

腹筋などの筋トレを行います。

 

※筋トレが苦手という人も多いですが、効率よく痩せるためには筋肉が不可欠です。ぜひチャレンジしましょう!